コケにされて当たり前か。

人生初ライブ。やり切った。

一応、練習はグダグダながらも何とかやり切った。自分、ありがとう。本当によくやった。駄目な点は多かったが、俺はまずは自分を褒めたい。よく頑張った。焦ったりもしたけど、必死に自分の気持ちを安定させ、マインドも習得した。カラオケで部屋を借りて、練習した。必死だった。でも、俺は今日、自分の生き方を変えるほどのインパクトを与えられた。それを整理していく。

 

まず、俺は涙を流すぐらい怒って、悲しんだことが2つある。

 

それは、

①俺のギターの下手さ

②周りから舐められこけにされる自分

 

解説しよう。

 

【ギターの下手さ】

今日の演奏会の中で、子供を抜いたら1番下手くそだった。特に歌が。声が既に枯れていたんだ。前日のを引きずっていたのもある。それと、ギターのテクニックも俺のは全く高度ではない。いや、勘違いしてはいけない。アコギで普通に弾き語りしている人もいたな。俺が感じているのは、エレキで指弾きを披露したり、ストロークアルペジオをやったり、歌がうまかった。んで、俺はギターのテクニックに自信がないから、よりそう見えた。

⇛俺は基礎ができていない。

⇛できるコードチェンジが少ない。

⇛Bm7.F.Amなどの基礎的なコードチェンジができない。

⇛リズムがとれない

⇛歌がうまく歌えない。何が駄目かは把握できていないが、違和感を感じる。

ストロークが安定していない。

 

つまり、現状を認識できましたということ。

 

 ②俺は舐められる男だということ。

見た目で優位をとることができない(イケメン、背が高い、マッチョ、いかついなど)のにも関わらず、それを覆すものがない。さらに、笑い上戸、媚び売り、役満。改善せよ。