【父】【都合のいい男】【嫌でも気付かされる】

【都合のいい男】

俺の就活戦略について相談するために父親に家に来てもらった。そこで話をしたわけなんだけど、俺は父親に冷たい態度を取ってしまっていた。一切笑顔を見せずに機嫌が惡そうに受け答え、誕生日プレゼントをもらった時に嬉しいリアクションをせずに、不満そうに受け取った。俺は父親に嫌悪感をずっと抱いてきたからだ。容姿が醜いことを父親のせいにして憎んでいた。正直今日も話したくなかった。だから、俺はずっと嫌そうに父親と会話した。

 

しかし、俺が本題を相談し、すんなり了承してくれたのを見て心が揺らいだ。叩かれるのを覚悟していたし、むしろ叩いてほしかった。なぜなら、俺が憎んでいる奴はやはり理解のない最低野郎だと再確認して、自分を正当化しようとしたからだ。でも結果は違った。真摯に対応してくれて、俺の持ちかけに快諾してくれた。そして、自分でも分かるくらいに、自分の態度が変わった。笑顔もこぼれた。散々、父親に○んでほしいと思ってたが、自分の頼みを聞いてくれた瞬間の心変わりに自分でも吐き気がした。自分に失望した。俺はやはり自分が努力をしないことを棚に上げて、誰かのせいにしたかっただけなのか。

 

父親

父とラーメン屋に行き、仕事の話を聞くといろいろ教えてくれた。会社の話、過去の話、祖父の話など。父親の歴史の積み重ねを感じた。今までしてきた苦労を察したのだろうな。なんだか、俺はこんなにも健気な父親を嫌い、憎み、殺めたいと思っていたのだ。もし、父親が今まで俺がずっと抱いていた感情を知ったらどんな気持ちになっただろうか。

絶望だろうな。深い深い。この世には神なんていないのかと。必死で生きて、必死で育てて、そして何よりも最後の最後に裏切られた理由が自分でもどうしようもない容姿のせいだなんて。自分の人生、自分の価値全てを否定された気持ちになるだろうな。考えただけで涙が出る。どうしてそんな仕打ちを受けなければならないのだろうか。涙がこぼれたよ。父親も選んだわけじゃないのにな。運が悪かったんだよ。全部。決して父親が悪いんじゃない。俺が自分の置かれた運命を受け入れられず、弱かっただけなんだ。その上で努力するのが面倒だっただけなんだ。

 

【嫌でも気付かされる】

俺は客観的に自分の行動を捉えると、驚くほどに楽をしている。一番効率的な行動を面倒だし疲れるので避けている。集中しなければいけない場面でも、他ごとを考える。それは妄想だったり、他人のこと、はたまた俺の考え事。どれもどうしても頭に浮かんできてしまうことではない。全て俺が考えたいから考えているんだ。この事実に気づいてしまった。

そして、ギターも本当にやらなければいけないのは、地味で面倒な作業だ。それを怠って前には進めない。

妄想

昨日今日はずっと妄想の世界にいた。

それはyoutube、音楽、エロの世界だ。とても楽しかったな。特にyoutubeで言えば、ブラックマヨネーズ野性爆弾は面白い。腹を抱えて笑ってしまった。本当に例えだったりワードセンスが良い。特に野性爆弾ブラマヨの寺に行くロケは最高だった。ブラマヨのボケ担当である吉田でさえツッコミに回っていた。

 

そして、YOU TUBEではバラエティ、YouTuber、音楽などをひたすら視聴していた。バイトから帰ってきて、夜飯も作らずに深夜12時〜1時まで見ていた。完全に支配されていた。せめて、飯を作って見ればよいじゃないか。全てをぶん投げるとしてもさ。

 

そんな完全に誘惑に支配された俺に言いたいこと。

「本当に楽しかったか?」

うーむ。渦中にいる時は楽しくてしょうがない。しかし、そこから脱して部屋を出て現実社会と触れると絶対に後悔する。俺は今まで何をしてたんだと。本当に悔しく思う。

 

俺はやりたいこと、起こしたい現実があるんだ。なのに、なぜ虚構の世界で自分を満たしてしまうんだと。虚構の世界は素晴らしいよ。インスタントに満足感、楽しさ、愉快さを味わえる。心酔できる。

 

でも、虚しい。

虚しい。虚しい。虚しい。虚しい。虚しい虚しい虚しい虚しい虚しい虚しい虚しい虚しい虚しい虚しい虚しい虚しい。何も残らない。

 

俺の人生は、俺の望みを叶えるためにある。

3つの市場の終わり

俺は今まで3つの市場を極めようとしたけど、辞めることにする。正確に言うと、ビジネス市場に絞ることにした。しかし、他の2つの市場は辞める訳ではない。捉え方を変えるんだ。

 

恋愛は、俺が魅力的な男になることで結果がついてくる。

ギターもね。

楽しかった

今日は例の映画友達とパイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊を見に行ってきた。

 

映画はとても面白かったよ。海賊の世界に入り込み、非日常を味わうことができた。IMAX3Dだったので1800円だったが、しっかりと元をとることができた。満足この上ない。本当にいい娯楽。二時間程度でパッと終わるのが良い。基本的にやりたいことに追われている俺はダラダラと続くような例えばアニメだとかは好ましくない。

 

そして、映画の内容もよかったんだけど、友達とのやり取りもすごく面白かった。人間関係の微妙な部分、俺がずっと悩んでいた部分を面白おかしく話すことができた。とても良い時間だった。

 

でも反省点が一つ。それはコミュニケーションについてだ。当然といえば当然だけど、コミュ力は自分の頭の中で言語をどれだけこねくり回しても上がらない。人と会話をすることでしか向上できないことを学んだ。さあ、どうしようか。明日、考えることにする。

今日思ったことを書くぞ

今日、就活のための自己分析をして思ったこと。

俺のこれからの行き方についてだ。

選択肢は2つ。

YOU TUBEや2ちゃん、妄想の中で俺は英雄となり、傷つかず、悲しみもせず、挫折もなく、苦労もなくヒーローになるか。

②後悔、悔しさ、不安定、悲しみ、絶望、無力感に苛まれながらも、挑戦する人生を選ぶか。

俺は後者を選んだ。

なぜならば、上と下では楽しみの質が違い、俺は下のほうが好きだ。

例え、苦しもうともリアルを生きたいのだ。